またろうのSteamworksブログ

Steamworks(Steam Direct)についての開発ネタを纏めています。

トルコリラの暴落とSteam内での貨幣の扱いについて



先日(8月14日)Steamworks Developmentグループにて、以下のお知らせが掲載されました。

トルコリラとゲーム内アイテムの価格設定

最近、トルコリラの価値が世界の他の通貨と比較して大幅に下落しています。Steam を通してトルコでゲームを販売している場合、心配する必要はありません! Steam の多くのバックエンド機能は通貨リスクを最小限に抑えるよう設計してあります。トルコから他の国へのギフトの送信は、受取人側のパッケージの価格が現在のトルコの価格の 115% 以下である場合のみ可能です。このギフトシステムは、地域別に価格設定されているパッケージが低価格地域から高価格地域に大量に輸出されることを阻止します。現在の為替変動は顧客の購買力の変化を反映していないため、現時点ではトルコにおけるゲーム価格の改定は推奨していません。

しかし、ゲーム内購入、特に Steam コミュニティマーケットやゲーム内でのトレードや出品が可能なアイテムやゲーム内通貨の購入に関しては、現実世界で特定の国の通貨が暴落した際に適切な価格調整をしないと、ゲーム内エコノミーの資産価値が急激に低下するというリスクが発生します。

Steam インベントリサービスの価格設定表は新しいリラ価格に更新されており、この機能を使ったゲーム内エコノミーのサヤ取り売買リスクは既に軽減されています。現在、これらの新しい価格はマイクロトランザクションに「VLV」価格を使用しているすべてのインベントリサービスゲームで有効です(開発者が指定した価格オーバーライドがある場合を除く)。Steam インベントリサービスは今後も国際通貨市場に注意を払うことで価格をできる限り迅速に更新し、価値の変動がゲーム内エコノミーに影響を及ぼすことを防ぎます。

ゲームが DLC パッケージまたは、開発者が指定するマイクロトランザクション価格を通してトレード可能なゲーム内アイテムを提供している(つまり Steam インベントリサービスの「VLV」価格を使用していない)場合、トルコリラの価格設定を確認し、必要に応じて更新し、トレード可能なグッズのサヤ取り売買リスクを軽減してください。

地域別価格設定のおかげで Steam は多くの国の顧客にとってよりよい市場になりましたが、開発者への為替変動による影響が大きくなったことは事実です。世界中のユーザー間を簡単に移行するゲーム内アイテムをますます多くのゲームが管理するようになった昨今、Steam インベントリサービスを実装して Steam での国際的なゲーム内価格戦略における通貨リスク管理にお役立てください。

要約すると、

  • トルコから他の国へのギフト送信は、受け取る人の(国に設定された)相場価格が、トルコの価格の115%を上回っている場合は出来ないよ。
  • トルコの価格改定は(トルコのユーザーの購買力が見えないから)少し待ってね。
  • Steam インベントリサービスにて貨幣単位にVLVを使用しているのなら相場に合わせて自動的に調整されるよ。
  • もしVLVを使ってないなら自分で調整してね。

こんな所かと思われます。

Steam インベントリサービスとVLV

Steam インベントリサービスとはいわゆるアイテム課金の実装に係わるサービスでです。
そこで価格設定に一般的な貨幣(USD:米ドルなど)の他にVLVというValve独自の貨幣単位が設定できます。
VLVで設定するとValveの換算率を使ってすべての対応通貨に変換されるようになっています。

f:id:tsukinowaapp:20180819130037p:plain

なのでVLVで設定しているなら特段対応は必要ないけど
各国の貨幣単位ごとに価格を設定しているなら自分で調整してね、という話のようです。